観光地にこれから行く予定のある人は、観光タクシーを活用してみてはいかがでしょうか。
観光タクシーのメリット

観光タクシーの福祉車輌について

観光タクシーは、観光やビジネスシーンに多く利用されることが多いと感じている方が多いでしょう。もちろんその考え方も間違ってはいませんが、その用途以外にも、意外と思われるかもしれませんが、観光タクシーには違った用途があり、一部の人からは非常に重宝されるサービスとなります。今回はこの観光タクシーが行っているサービスの中でも、中々利用することがないサービスについて紹介し、少しでも多くの方にこの観光タクシーの利用価値が高いということを知っていただきたいです。

観光タクシーのサービスの中でもあまり知られていないサービスとして挙げるとすれば、福祉車輌と言って良いでしょう。福祉車輌とは、主に福祉に特化したサービスで、高齢者の方や車いすの方向けに開始されたサービスです。自分で思うように体を動かせない方にとって、少しでも外に出るという行為は、健常者が想像しているよりもはるかに大変なことです。この部分を、観光タクシーは福祉車輌というタイプの車種を用い、多くの体が不自由な人の手助けをしています。

では、福祉車輌と言っても実際にはどのようなタイプの車輌が存在するのでしょうか。福祉車輌の中でも一般的なタイプの車輌は、スロープ付きの車種です。車いすの方向けの車輌になりますが、スロープが付いているだけで車いすの方からすれば今までとは違った世界が見え、様々な刺激を得られるのです。また、観光タクシーがこの部分を担うことで、観光先などでは専属の運転手がガイドの役割もこなすため一石二鳥です。

福祉車輌は体の不自由さの程度によって、車輌を使い分けることもできます。車いすを利用される方でも、手助けがあれば車いすがなくても移動できる方などは、スロープ付きの車輌でなくても座席シートが回転するタイプの車輌を準備してくれるところもあります。また、スロープタイプではなくて、昇降機が付いているタイプの車輌がある場合があったりと、車いすの方だけでもこれだけ多くの車輌があることが分かります。状況によって使い分けることが可能となります。

また、車いす以外にも福祉車輌は活躍の場を広げています。主に介護のサービスが必要になる方などにとっては、車に乗ることも非常に困難な動作です。その為、ストレッチャーを事前に備え付けた福祉車輌も準備してあります。このように、観光タクシーと呼ばれる中には福祉向けの車輌も存在しており、非常にその利用用途は幅広いものとなっています。

ページの先頭へ戻る